リスキリング助成金とは?支給条件や支給額をわかりやすく解説します

助成金の支給要件が厳しくなるなか、令和5年に特に注目されているのが「人材開発支援助成金(事業展開等リスキリング支援コース)」、通称「リスキリング助成金」です。

この記事では、リスキリング助成金の支給要件や支給額などをわかりやすく解説します。

目次

リスキリング助成金とは?

人材開発支援助成金「事業展開等リスキリング支援コース」は、企業の持続的発展のために、新製品の製造や新サービスの提供などによる新たな分野への展開や、デジタル・グリーンなどの成長分野の技術を取り入れた業務の効率化を図るために、以下のような取り組みに対して高率助成で支援する制度です。

  • 新規事業の立ち上げなどの事業展開に伴う人材育成
  • 業務の効率化や脱炭素化などに取り組むため、デジタル・グリーン化に対応した人材の育成

リスキリング助成金の支給要件

リスキリング助成金を受けるためには、以下の3つの条件をすべて満たす必要があります。

  1. 助成対象となる時間を除いた訓練時間が10時間以上であること
  2. OFF-JT(企業の事業活動と区別して行われる訓練)であること
  3. 職務に関連した訓練であり、以下のいずれかに該当すること
    • 企業において事業展開を行うために必要な専門的な知識や技能の習得を目的とした訓練
    • 事業展開は行わないが、デジタル・デジタルトランスフォーメーション化やグリーン・カーボンニュートラル化に関連する業務に従事するために必要な専門的な知識や技能の習得を目的とした訓練

また、訓練開始日から起算して3年以内に実施する予定のもの、または6か月以内に実施したものである必要があります。

さらに、事業主は訓練実施計画届とともに事業展開の内容を記載した「事業展開等実施計画」(様式第2号)を提出する必要があります。

リスキリング助成金の助成額・助成率

リスキリング助成金の助成額と助成率は以下の通りです。

  • 経費助成率:中小企業は75%、大企業は60%
  • 賃金助成額(1人1時間):中小企業は960円、大企業は480円
  • 1事業所1年度あたりの助成限度額:1億円

また、受講者1人あたりの経費助成限度額は以下の通りです。

  • 訓練時間が10時間以上100時間未満の場合:中小企業は30万円、大企業は20万円
  • 訓練時間が100時間以上200時間未満の場合:中小企業は40万円、大企業は25万円
  • 訓練時間が200時間以上の場合:中小企業は50万円、大企業は30万円

リスキリング助成金のことならSATO社会保険労務士法人に気軽にご相談ください

SATO社会保険労務士法人では、現在、リスキリング助成金の重点サポートを実施しています。

当事務所は日本最大の社労士事務所であり、クライアント数は5600社以上に上ります。

経験と実績豊富な助成金専門のスタッフが、申請前のご相談から受託後の活用方法まで、トータルでサポートいたします。

現在、助成金に関する無料相談会も実施しておりますので、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次